スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井筒@米原駅

【貧乏旅行で駅うどんシリーズその1】
駅うどんシリーズまず1店目
JR西日本とJR東海の境界駅である米原駅にやってきました。
貧乏旅行なので改札口に出られず。
ホームで旅の余韻を味わえるのが駅弁や駅そば、駅うどんである。

駅で食べる駅そばや駅うどんは最近はやりの、手打ちそばやうどんには到底かなわない
そもそもコンセプトが違うからである。
手打ちそばやうどんはセルフながらも打ち立て茹で立てにこだわるだけに時間に手間隙かかる。
それを目的としている客相手なのでじっくり腰を据えて出来る。
逆に駅そばやうどんは電車を待つ客相手にスピードを求められるので麺は機械打ちで
茹でる時間もすぐ茹であげて提供される。
そのためどうしても味は手打ちの店に比べるとやっぱり味は落ちる。
うどんDBではその事を考えると駅そばやうどんの評価について考えなければならない問題ですね。

ところで今回いただいたのは冷やしうどん500円です。(ちなみにそばも同じ値段です)
ほかにきつねうどん350円です。
自分が訪問した時はちょうど特急電車が到着した時だったので3人ぐらい待ち客がいました。
売店も兼ねているので忙しそうでした。
時間があったので10分程待って冷やしうどんを注文しました。
注文を受けてから店員のおばちゃんが麺を茹で始めました。
麺は機械打ちの細麺を1回茹でた奴(スーパーで売っている茹で麺)をサッサと茹でた奴で
具はネギと細く刻んだ海苔とカツオと薬味の生姜です。
スープは薄めの関西風でした。(そばは濃い目の関東風でした)
境界線の駅らしい分け方ですね。
味は正直普通レベルでしたが駅で食べるうどんと考えたらまぁこんなもんかなって感じですね。
これからも駅そばうどんシリーズを続けて見たいと思いました。

スポンサーサイト

お塩小太郎@麺屋レノン

SH3G0121.jpg

2月25日はラーメンにっこうact2の日だからお塩小太郎やるよと
某ブログで告知
これは行かなければと訪問計画を立てた。限定20食ハードは高すぎ
幸いにも学校は早く終わるこれは即、訪問だと早速訪問
17時40分過ぎ現地到着の店の前には5人ぐらい行列ができている。
SH3G0117.jpg
「これは出遅れた・・・」20分程待つと何とか入店
お塩先生はまだ残ってました。
早速注文、15分程でお塩先生到着。
今回は並200g750円と大300g850円と追加で肉マシ250円メンマ増し100円のうち大盛り肉マシを注文しました。
SH3G0123.jpg

麺は極太めんでもっさりしていて肉も多めだから、二郎というよりラーメンにっこうact2ぽさが強かった。
限定20食も19時を待たずに売り切れになった。

明日はラーメンにっこうact2で二郎系イベントらしいのだがさすがにここまではは行けないので
突発限定に間に合ってよかったです。


A151-factory@福島

先週のオフ会の際、某レビュアーさんから
A151-factory!のグリーンカレーラーメンについての宿題を出されました。
SH3G01090001.jpg

「このラーメンについてどう思うか?」と
しばらくたってから回答を答えようかと思いましたが。
立て続けに同じ質問をされたレビュアーさん達がその質問に対しての回答を出しているではないか。
その採点を見てると妥当な所だと判断させていただき、自分も訪問させていただきました。
本日は学校の試験休みで、午後から学校で勉強しようと思いそのついでに訪問しました。
とりあえず阪急中津駅から徒歩20分かけて昼過ぎにA151-factory!に到着
客の入りもそこそこでカウンター席に座りました。
注文の際 タイらーめん と迷いましたが宿題だったのでグリーンカレーラーメンを注文しましたそれだけでは物足りないのでどんぶりセットにしました。しばらくすると、まずサラダが来ました。
そのあとにどんぶりが来た後に
SH3G0112.jpg
いよいよグリーンカレーラーメンの登場です。
SH3G0115.jpg

思ったより小さい器です。
タイ料理自体食べるのが初めてなんでタイのカレーって以前食べた
ラーメン人生 JETのカレーつけ麺(4辛)より辛いイメージがありました。
実際食べてみると思ったより辛くない、それどころかさっぱりした感覚である
これはココナッツミルクの甘さらしい、店主によると女性客が多いのでココナッツミルクの割合を多めにして甘くしたらしい。
麺は独特のゴムみたいな細麺、カレースープによくなじむタイ風の麺だから米粉が入っているに違いない。
正直、これほど奇妙なラーメンに会った事はない。
本当は高得点をあげたいのだけど某レビュアーさんに(隠れ家みたいなので)怒られそうなので妥当な点数で抑えとこう。
宿題を与えてくれた某レビュアーさんに感謝します。

続きを読む

お前にロックオン 執念の「京都のおうどん屋さん たなか家」訪問記

うどんデータベース
このサイトでまず語りたい店はこの店である。
この店を語らずにうどんを語るべからずと言いたい店である。
京都ラーメン界のチョモランマが「俺のラーメンあっぱれや」ならば
京都うどん界のK2がこの「京都のおうどん屋さん たなか家」である。
この「京都のおうどん屋さん たなか家」のうどんを求めてどれだけ多くの人が
挑んで敗れ去ったかその数多しの敷居の高い1店である。
特に土曜日の「俺のラーメンあっぱれや」のスーパーつけ麺と
この店の京都拉饂麺 つけ麺の連食はほぼ不可能に近いくらいだ。
自分も今回の訪問の前に下調べを兼ねて当地を訪問した。
(下調べをしたのは日曜日の夕方なので休みでした。)


最近の私は何でもデータベースでの活動方針はいろいろなグルメサイトからいろいろ情報を集めて
未登録の店ならデータを登録して他のユーザーさんのレポを見るという方針でこのサイトを楽しんで
ました。
しかしこの店だけは自分の足と舌でじっくり味わいたいと思い攻略計画を立てました。

【お前にロックオン】
ついに念願の「京都のおうどん屋さん たなか家」に訪問。
うどんデータベース設立以前から某サイトでおすすめかつ非常に訪問困難の店でした。
スーパーつけ麺でおなじみの「俺のラーメンあっぱれや」以上に困難を極まる。
特に隔週の土曜日営業日曜祝日休みなので行くタイミングがなかなかなく
開いている土曜日は行列が凄いらしい。との事で攻略を半ばあきらめてました。

今回は学校の行事をサボタージュして強行突撃しました。
本当は週末の土曜日に訪問計画を立ててましたが、衝動に耐えきられず愛車(アドレス125?)に
乗って2時間かけて訪問しました。
10:30に開店と同時に1番乗り
台風一過の平日だったのか行列ではなかった。
店はプレハブの店と奥にテラスがある店で奥のテラスが思ったより広かった。

店のスタイルはうどんの注文を済ませると、番号札をもらって客室で待ち、番号を呼ばれてうどんを取りに行くスタイルです。

早速、京都拉饂麺 つけ麺(680円)を注文しました。
注文から呼ばれるまで10分程で着丼。
独り、テラスでいただく。
シンプルなつけうどんで具はメンマと海苔2枚
麺は稲庭風の細麺
つけ汁は魚介ベースの濃厚なつけ汁、うどんだけではなく極太つけ麺でも行けそうなつけ汁です。
まず最初の1本目を何もつけずにそのままいただく。
打ち立て、茹で立ての塩の香りと味が五臓六腑にしみわたる。
次につけ汁につけていただく。
つけ汁が強そうなイメージがありましたがうどんに絡むとムチャクチャ合うではないか
このつけ汁ならうどんは何杯でも食べれそうだ。
しかし今回はこれで我慢しよう。続きがあるからだ。

お前にロックオン「京都のおうどん屋さん たなか家」2

京都拉饂麺 つけ麺に引き続いて
生醤油うどんをいただく
京都拉饂麺 つけ麺の細麺と違い
こっちは太麺である。
メニューによって麺の太細を使い分けている
さすがに麺にこだわる店だ
ネギ・大根おろし・レモン汁・鰹節そして揚げ玉に大宮町産のお醤油
この太麺の腰が最高に良い
このクラスのうどんなら本場讃岐でも通用しそうなうどんだ。
あてに鶏天とシメジ天をいただいたがサクサクして美味しかった。
このうどん1杯を求めてバイクで往復4時間かけたのは大正解だった。
本当に美味しいうどんをありがとう
また訪問します。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。